2009年01月23日

セオダイ、実際に体験してみました





ここでは、当ブログ管理人が
セオダイを実際に購入、実践した
効果や感想などを述べさせて
いただきたいと思います。


セオダイに自腹を切った以上、
甘いお世辞やヨイショ記事を書くつもりは
ありません!(笑


で。セオダイ。
というか、この場合は
セオダイのメインである
エクササイズプログラム
“コサート”についてですね。


実際にやってみました。


ぶっちゃけて言いますと、
けっこう「きつい」です。


やり方は「簡単」ですが
ラクにはこなせません。


どのくらいきついかというと、
実践したその日にもう
筋肉痛になってしまったぐらい(笑


息があがって、汗も吹き出します。
たった5分間だけなのに
ものすごく“全身をうごかしたーッ”
という感があります。


そして…
きついことはきついのですが、
コサートが終了した後、
あることに気がつきました。


「あれ? なんだか
身体、動かしやすいかも」。


普通に歩くときなども、
全身の筋肉がつながってるというか
(↑なんとなくわかりますでしょうか?)、
背筋もぴんと伸びたような感覚があります。


そして…なんといっても
お腹のコアな筋肉が
ものすごく“目を覚ました”感じ。
わき腹とか、ぴきぴきで痛い痛い(笑
(↑日ごろ、どれだけ動いていないのかが
バレバレですね!)


おそらく、スポーツをある程度
習慣として行っている方だったら
ここまでの筋肉痛などはないかも(^ ^;)


逆にいえば、私のように
普段、身体をうごかす習慣が
あまりないという方のほうが
効果を実感できるかもしれません。


あまりにも効果が速攻で
出てきたので、
思わず、コサート発案者で
セオダイのメールサポートも
して下さっている羽鳥さんに
「コサート、がっつり効いているようです!」と
感想を送らせていただきました。


すると…。
こんなお返事が返ってきました。


「そうでしょうそうでしょう(^^)
コサートは『効く』んです。」


すごくあっさりと言ってくださって、
なんだか悔しいですが、
ほんと、そのとおりのようです。


数日間、行った段階で、すでに
ウエスト、太ももなどのサイズが
少しずつですがダウンしてきており、

「おおッ」と感心してしまったり。


悔しいですが、
コサート、侮れません。


なにせ、たったの5分だけ頑張れば
良いのですから、気持ちがラク。
つづけていくうえで、
そこもけっこう大事だなと
改めて実感しました。


そうはいっても、生来の
ナマケモノな私のこと、
どれだけ短時間のエクササイズでも
飽きてしまったり、モチベーションが
下がってしまうおそれは
じゅうぶんあります。


しかし、そんなときは
迷わず、無料メールサポートを利用!
羽鳥さんにメールをして、
また、やる気をアゲアゲしてもらいます(笑


購入を迷われている方は、ぜひ一度、
羽鳥さんにメールしてみてください。
すごく明るくて気さくな
あんちゃん お兄様なので、
いろいろなことを相談しやすいかと思います^^


むしろ、メールをすると
すごく喜んでくれちゃいます。


私も、すでにいろいろ相談したり
泣き言(?)を聞いてもらったりしており、
そのたびに、マニュアルよりももっと
突っ込んだコサートのコツなどを
おしえていただいたりしています。
(メールアドレスは、詳細ページにあります)


興味をもたれた方は、
ぜひセオダイの詳細ページへ行って、
羽鳥さんのお顔を
ご覧になってみてください。


気になる羽鳥さんのお顔は
下記をクリック!!

⇒ セオダイの詳細ページへGO!

※購入御礼プレゼント!↑↑こちらのリンクから
セオダイをお買い上げ下さった方には、特典として、
ブログ管理人が作成したオリジナル無料レポート
「運動ダメダメでも大丈夫!セオダイを上手に使いこなして
美やせ体質になるQ&A集」
(PDF版、
全24ページ)を差し上げます♪
セオダイ本編には載っていないコサートのコツもばっちりで、
セオダイ開発者の方にもお墨付きをいただいた渾身の
レポートとなっています。セオダイ本編をダウンロードするさい、
同じ画面でこの特典もダウンロードできますので、
是非ご活用くださいね!)


posted by セオダイ at 15:11| セオダイ実践の感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。